矯正歯科

患者様により負担のかからない、矯正治療をご提案

矯正歯科治療の開始時期は、人それぞれ異なります。成人の方も矯正治療は可能です。
不正咬合は、虫歯や歯周病の原因にもなります。また、審美的にコンプレックスもかかえることもあるでしょう。矯正治療には、矯正装置をつけ時間をかけて歯をゆっくり正しい位置に移動させ、美しい歯並びにしていきます。

治療の流れ

子どもの矯正歯科

6~8歳 / 小学生 低学年 反対咬合(下の歯が上の歯を覆います)
反対咬合

原 因

  • ご両親から受け継いだ小さなあごの骨や大きな歯
  • アンバランスなあごの骨の成長(上あごの成長不良、下あごの過剰な成長)
  • 悪い癖によるもの(指しゃぶり、舌癖、口呼吸)

この時期に普通とは反対に下の前歯が前に生えることがあります。
このままにしておくと、前歯がぐらいついたり、下あごが成長し過ぎて顔の変形が起こることもあります。 なるべく早く治療するのが良いでしょう。

9~12歳 / 小学生 中・高学年 開咬(奥歯をしっかり噛んでも、前歯が開いてしまう状態)
開咬

原 因

  • 指のしゃぶりがひどかった。
  • 花やのどの病気により口で呼吸するため
  • 舌が上と下の歯の間に入り込む場合
  • 大きな舌の場合

この時期に普通とは反対に下の前歯が前に生えることがあります。
このままにしておくと、前歯がぐらいついたり、下あごが成長し過ぎて顔の変形が起こることもあります。 なるべく早く治療するのが良いでしょう。

9~15歳 / 小学生・中学生 出っ歯(上顎前突~上の歯が下の歯より大きく前に出る状態)
出っ歯

原 因

  • 指のしゃぶりがひどかった。
  • 花やのどの病気により口で呼吸するため
  • 舌が上と下の歯の間に入り込む場合
  • 大きな舌の場合

出っ歯は見た目の問題だけでなく、治療せずに放置しておくと、唇をしっかり閉じることができず、歯肉が乾燥して湿り気がないために、歯周病の原因となることもあります。

11歳~成人 / 小学生~大人 八重歯(歯が凸凹に生え、顎が小さな現代人に多い)
八重歯

原 因

  • 小さなあごの骨や大きな歯
  • 乳歯の抜ける時期と永久歯が生えるタイミングのずれ

小学校から中学校にかけて、大人の奥歯が生えてきます。
この頃は並びが凸凹になったり、犬歯が飛び出したりすることがあります。笑うと唇がおりてこないこともありまし、なによりも虫歯、歯周病になりやすいです。また、歯肉が腫れたり、口臭の原因にもなりますので、早く治療するのが良いでしょう。矯正治療は成人の方も可能です。

料金表

初診矯正相談料(レントゲン撮影を行った場合:4,320円) 無 料
検査・診断料(顎模型・パノラマ・CTを含む) 32,400円
 
矯正治療費
永久歯列治療費 756,000円
舌側矯正治療費 1,080,000円
混合歯列からの開始
第一期治療費(混合歯列) 324,000円
第二期治療費(永久歯列) 432,000円
矯正処理料 5,400円
矯正観察料 3,240円
矯正用アンカースクリュー(1本) 21,600円
抜 歯 4,320円
保定装置(紛失・破損の場合) 32,400円

※ 上記の金額は、全て税込です。