インプラント症例

BEFORE・AFTERの症例写真を、お口の状態別にご紹介しています

他院との違いを解説
インプラント症例
インプラント治療風景

1歯欠損

1歯欠損症例

食事中に左上ブリッジが割れてしまった。支えの歯を大事にしたいとの事で欠損部にインプラント埋入
インプラント1本+人工歯(ハイブリドセラミック)=35万円
1歯欠損症例

上の差し歯が取れ、根が虫歯で崩壊し差し歯を再装着・再製作不可と説明。抜歯後、ブリッジや入れ歯はしたくないとの事でインプラント治療を希望
インプラント1本+人工歯(銀歯+レジン前装)=30万円

1歯欠損症例

右上の歯が膿んで痛い。根先にのう胞があり動揺もあって抜歯に。骨の回復を待ってインプラント埋入
インプラント1本+人工歯(セラミック)=40万円
1歯欠損症例

右下の奥歯が折れ痛く、根が破折し骨も化膿して大きく吸収。抜歯後歯肉の回復を待ちGBR(骨誘導再生法)で骨を再生しインプラント埋入
インプラント1本+人工歯(ハイブリドセラミック)=35万円

1歯欠損症例

右下の奥歯を虫歯で抜歯し、しばらく放置していたが、咬みづらいのでインプラント希望
インプラント1本+人工歯(銀歯)=30万円
1歯欠損症例

虫歯を放置した奥歯が抜歯の対象に。崩壊していた為、奥の歯も手前に傾斜。インプラントと同時期に修復
インプラント1本+人工歯(セラミック)=40万円

少数欠損

少数欠損症例

歯周病で上前歯のブリッジがグラグラして脱落。入れ歯はイヤとの事でインプラント希望。5本欠損を3本埋入し、ブリッジタイプに。より綺麗にしたいとの相談を受け、オールセラミックで修復
インプラント3本+人工歯5本(セラミック)=40万円×3本 120万円(ダミー部含む)
少数欠損症例

転倒して顔面を強打し前歯が破折。根が割れてぐらつく。炎症所見がなかったので、抜歯即時埋入
インプラント2本+人工歯(セラミック)=40万円×2本 80万円

少数欠損症例

左下のブリッジがぐらついて咬めない。骨吸収が著しく抜歯し、インプラント埋入とGBR(骨誘導再生法)を併用して治療
人工歯(ハイブリッドセラミック=35万円×2本 70万円
少数欠損症例

転右下のブリッジが動いて痛い。臼歯はほとんど溶けて無い状態。ブリッジを除去してインプラント2本埋入。(左下奥歯も抜歯したまま放置しており、一緒に埋入)
右下インプラント2本+人工歯3本(セラミック)=40万円×2本 80万円(ダミー部含む)

少数欠損症例

ブリッジが脱落、手前の歯は虫歯で保存不可。奥歯は修復し、保存。インプラント2本埋入
インプラント2本+人工歯(銀歯)=30万円×2本 60万円

多数欠損

多数欠損例

長年義歯を使用していたが、支えの歯がグラグラに。保存出来ない歯を抜歯し、上6本・下5本のインプラントで連結修復。治療に対する恐怖心が強いので、静脈内鎮静法でリラックスして施術
インプラント12本+人工歯(ハイブリッドセラミック)28本+静脈内鎮静法(6万円)=12本×35万円+6万円 426万円(ダミー部含む)
多数欠損例

上のブリッジがグラグラしてまともに咬めない。下の入れ歯に不自由は無いが、上は目立つのでインプラントにしたい。右上1本歯を残し、他を6本埋入して連結
インプラント6本+人工歯(銀歯+レジン前装)12本=6本×30万円 180万円(ダミー部含む)

多数欠損例

下の前歯が動いて入れ歯が使えない
インプラント6本+人工歯(セラミック)13本=6本×40万円 240万円(ダミー部含む)
多数欠損例

今まで入れ歯だったが、退職を機にじっくり治したい。上顎6本・下顎5本で連結
インプラント11本+人工歯(ハイブリドセラミック)28本=11本×35万 385万円

多数欠損症例

左右奥歯が虫歯で崩壊し、咬めない。入れ歯以外の方法を希望し、インプラントに
インプラント4本+人工歯(セラミック)=4本×40万円 160万円
多数欠損症例

全部ぐらぐらで、人前で普通に話ができない。ずっとマスクをしているので辛い。他院で入れた2本のインプラントはそのまま残したい。保存不可の歯を抜歯し、インプラント埋入。治療用義歯で顎位(上下のかみ合わせ)の修復も同時に治療行う。上顎5本・下顎4本で連結
インプラント9本+人工歯(銀歯+レジン前装)=30万円×9本 270万円

骨造成

骨造成症例

歯周病で下前歯を失い、他院でインプラントを希望したが骨がかなり吸収して無理と言われ、ブリッジを勧められていた。 両側の健康な歯は削りたくないとの事で当院に来院。骨欠損が大きかったのでまず、GBR(メンブレン使用による骨造成)を行い、骨が十分再生してインプラントを埋入。
インプラント1本+人工歯(銀歯+プラスティック)=30万円
骨造成症例

右上奥歯をかなり前に3本喪失。骨が薄くてインプラントは出来ないと言われ、やむなく入れ歯を使用していた方。当院でCT等精密検査を行い、サイナスリフトを行えばインプラントは可能と説明し、了承。残存骨がかなり薄かった為、まず骨造成し、インプラント3本埋入。
サイナスリフト=10万円、インプラント3本+人工歯(銀歯)=90万円

骨造成症例

左上のブリッジが歯周病でぐらついて抜歯。義歯は入れたくないのでインプラントに。一番奥は目立たないので銀歯を希望。
インプラント3本+人工歯(セラミック2本・銀歯1本)+サイナスリフト=40万円×2本・30万円×1本・10万円 120万円
骨造成<症例

左上の奥歯を虫歯で抜歯し、入れ歯を使用していたが右下の奥歯も欠けて崩壊。左右奥歯でまともに咬めなくなりインプラント治療を決意。左上は上顎洞までの骨が十分なかったのでサイナスリフトを併用。2本インプラントを埋入し、3本人工歯を連結。
左上 サイナスリフト=10万円、インプラント2本+人工歯(セラミック)3本=80万円

他院からの治療依頼紹介

骨造成症例

患者様はインプラントを強く希望しているが、難症例ため当院に紹介され治療。右上サイナスリフト施術。
右上サイナスリフト=10万円
骨造成症例

全体的に虫歯でボロボロに。10年近く放置したが、見た目も悪く食事がまともに出来ないので決心して歯科を数件受診。 奥歯の骨がかなり少ないのでインプラントは出来ず入れ歯と言われたり、上の歯は全部抜いてインプラントと言われたり、治療費がかなり高額になるとの説明を受けて、当医院にセカンドオピニオンに。前歯は保険で治療可・残根は抜歯しインプラントをするならサイナスリフトをして骨量が回復して埋入と説明。了承の上、治療開始。
サイナスリフト(左右)=20万円

骨造成<症例

上顎に長いブリッジを入れていたが虫歯で朽ちて脱落。
将来的に同じ方法だと繰り返しになる事を懸念されインプラント治療を希望。ただ、上前の骨がかなり薄く、このままでは埋入出来ないのでまず、骨造成(GBR)行う事に。インプラント埋入に十分な量の人工骨を造成。

リカバリー症例

少数欠損症例

2年前に他院で治療した左下インプラントがぐらつき来院。不適切な位置に埋入されており、かつ骨との結合が失われていたので撤去。適正な位置にインプラントを埋入
少数欠損症例

右下に数十年前に入れたブレード型サファイヤインプラントが破折。撤去して新たに3本埋入し人工歯をセラミックで修復